予防歯科予防歯科

義歯(入れ歯)|義歯(入れ歯)作製、調整は豊田・北八王子の歯医者「デンタルクリニック伏木~日野旭が丘~」

当院では、熟練の技を持つ歯科技工士と連携を図り、お一人おひとりにぴったりの義歯(入れ歯)の作製を行っております。お使いの入れ歯が合わないなどお悩みがありましたら是非ご相談下さい。

入れ歯をご使用の方で「痛い」、「喋りにくい」というお悩みを耳にします。 違和感があっても「とりあえず使えるから大丈夫」と自己判断でお口に合わない物を使用し続けてしまっていませんか?
当院では熟練した技術を持つ歯科技工士と連携し、まるで自分の歯のような、使い心地の良い入れ歯のご提供に努めます。

img

現在お使いの入れ歯にお困りのことはございませんか?

今お使いの総入れ歯や部分入れ歯について下記のようなお悩みはございませんか?
このように、お口に合わない入れ歯を使用し続けると、ストレスだけではなく、しっかりと噛めないために胃に負担がかかったり、口腔内の環境を悪化させてしまったりと、全身の不調にもつながります。
健康で美味しいお食事をとっていただくために当院では、患者様お一人おひとりの用途に合った入れ歯のご提案をさせて頂きます。費用などについてもお気軽にご相談下さい。

  • ・痛い
  • ・外れやすい
  • ・食べにくい
  • ・しゃべりにくい
  • ・咬み合わせが悪い
  • ・すきまに物が挟まる
img

義歯の種類

金属床デンチャー自費

金属を使用することで、通常のタイプよりも薄く仕上げることができ、違和感無く使用が可能です。入れ歯の内側が金属なので熱の伝わりが良く、美味しく食事を楽しむことができます。
金属の部分は、体に優しい「チタン」や強度のある「コバルトクロム」といった材質のものをご用意しております。

img
チタン床義歯
チタンは生体親和性に優れ、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただける材質です。また、コバルトクロムに比べると約半分の重さなので、軽い入れ歯を作ることが可能です。汚れにも強く、口腔内を清潔に保てる入れ歯です。
コバルトクロム床義歯
強度のある金属のため、レジン床(保険)の入れ歯に比べると、約1/3という薄さで作製することが可能です。また、金属は熱伝導率に優れているため、お食事の温度を感じることができ、より美味しくお食事を楽しんでいただける入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー自費

破折に強く、特に金属アレルギーの方に適しております。口を開けても金具が見えず、歯肉の色味と同化するので、審美性にも優れています。

img

レジン床デンチャー保険適用

プラスチック性のため、壊れやすいのと、熱が伝わりにくいです。保険でできるので比較的安価に出来るのが特徴です。

img

自費と保険の違い

保険が適用される入れ歯と自費の入れ歯では、治療に使用できる材料に違いがあります。
使用可能な材質が限られている保険の入れ歯に比べ、自費の入れ歯は使い心地を追求するために一部分を別の材質にするということが可能で、見た目・機能性・耐久性に優れた入れ歯を作製することが可能です。
しかし、保険適用の場合でも、歯科技工士と連携し、しっかりとフィットし、良く噛めるクオリティの高い入れ歯を作製することも可能です。

自費の入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • ・天然の歯のように自然な見た目で変色しにくい
  • ・強度のある材質で作製できるため、保険適用のものに比べて薄く、違和感が少ない
  • ・様々な材質があるので、ご要望やライフスタイルに合わせて作製ができる
  • ・金属を使用しない材質や、金属アレルギーの方でも安心して使用できる材質(チタン)などがある

デメリット

  • ・保険が適応されないため、経済的な負担が多い
  • ・保険適用の入れ歯に比べ、作製にお時間がかかる

保険の入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • ・保険が適用されるため、経済的な負担が少ない
  • ・修理がしやすい

デメリット

  • ・厚みがあり、違和感を覚えることがある
  • ・自費の入れ歯に比べると、見た目の綺麗さが劣る
  • ・強度が低いため、数年で作り替えが必要となる場合がある

患者様お一人おひとりのライフスタイル、
ご予算などに合わせた入れ歯をご提案いたしますので、
まずはお気軽にご相談下さい。